現代人と腰痛の悩み

Posted on Category:投稿

自動車や電車などの便利な乗り物をはじめとした文明が発達した今日の日本社会におきましては、運動不足が原因となって腰痛を抱えている患者んさんが少なくないようなのです。その反面では、プロポーションの維持を気にしすぎるあまりに、過度なダイエットを試みる人びとが栄養バランスの偏りから体調を崩されるケースもあるようなのです。文明の発展による便利さや快適さと引き換えに、健康を維持するうえでの運動機能を失っていく現代人の姿がそこにあるともされているようなのです。最近では腰痛は、世代を問わない人びとの悩みともされるようになったようですが、現代人の日常生活のなかでのどのような習慣が腰痛をもたらしているのでしょうか。

「ストレスと腰痛」

Posted on Category:投稿

「腰痛」は比較的高齢者の方々に多くみられる身体的な不調と考える方々も少なくないようですが、実際には働き盛りなどと呼ばれる年代の人びとにも「腰痛」の悩みを抱える人びとは少なくないようなのです。またこのような働き盛りの年代の人びとが「腰痛」を抱えることは、場合によっては心理的な大きなストレスにも発展するケースがみられるようなのです。日々の生活のなかで、これまでには当たり前のように行っていた家事や重い荷物を運ぶ、車の運転、前かがみの作業などに「腰痛」からくる行動の制限が発生することによって生じる心理的な負担の大きさが指摘されてもいるようなのです。このようなケースの場合、場合によっては「腰痛」に対するストレスや日常生活における不安感からうつ状態に発展することも珍しくないとされているようです。

マッサージ効果を高めるコツとは

Posted on Category:投稿

マッサージが気持ちいいことはもう知っているけれど、より効果を高めたい、という方は多いです。では、どのようにすれば、効果を高めることができるのでしょうか。

まず、マッサージを行うタイミングを変える、ということが効果的です。たとえば、入浴後にマッサージを行うと、入浴により血液やリンパ液の流れが良くなっている上に、さらにマッサージをするため、より効果が高まります。効果的すぎるといえるほどであるため、血流が良くなりすぎて、心臓に負荷がかかると心配、というような方は、行わないほうが良いでしょう。

逆に、あまり良くないタイミングは、食事の後です。食事の直後にマッサージを行うと、むしろ体調不良になってしまう可能性があります。ですから、やめましょう。

マッサージは、結局、したいときにするのが一番効果が高いでしょう。ですから、適切な方法を身に着けて、快適に行いましょう。

大切なのは回数や重さだけではない

Posted on Category:投稿

腕立て伏せを100回以上楽にできる人や、100kg以上ものバーベルを扱える人には、すごい筋力があると思ってしまいがちでしょう。こうした数字をすごいと思い、目標にするというのは確かに大切かもしれません。しかし、回数や重量だけが大切というわけではない事を知ってもらいたいのです。同じ重さでも、肘を曲げるか伸ばすかで、支点から作用点までの距離、つまりテコの長さは変わってきます。この距離が長い程負荷は大きくきつくなります。ウエイトと距離を調節し、標的となる筋肉にしっかりきかせる事がトルクコントロールの狙いです。むやみに重さや回数を追究せず、効率的に筋肉を付けられるように、トルクコントロールをしっかりマスターしておくと良いでしょう。

脚とヒップのシェイプアップ

Posted on Category:投稿

脚にはたくさんの筋肉が付いています。バランス良く鍛える為には、各パーツの特性を理解しつつ、そのパーツに的を絞って筋トレを行います。脚のパーツは、大きく分けてふくらはぎ、もも、お尻と分けられるでしょう。ふくらはぎならば、ヒラメ筋と腓腹筋があります。

ヒラメ筋はふくらはぎ中部から下部にある筋肉で、腓腹筋はそれを覆うようにふくらはぎの上側にあります。腓腹筋を鍛えると相対的に足首が引き締まって見えます。

ももの場合、股を閉じる筋肉である内転筋群を鍛えるには、スタンスを変えたスクワットなどが適しています。勿論内腿の脂肪を落とすのでシェイプアップにも繋がります。お尻は、ヒップアップもスクワットでOK。

脚を後方に振り上げたり外側にひねったりして、大殿筋にフォーカスする種目と組み合わせると高率的でしょう。

理想のPFC比とタイミングは?

Posted on Category:投稿

栄養摂取は、とったタイミングやその時の状況によって理想のバランスというものがあります。では、どんなPFC比の食事を、いつ食べればよいのでしょうか。脂肪をあまりつけずに筋肥大を目指すなら、基本は高たんぱく質、低脂質、中炭水化物の食事で、朝から夜にかけて徐々にカロリーを減らすのが理想的でしょう。どうしても間食が我慢できないという場合には、高たんぱく・低脂質・低炭水化物のものが良いでしょう。運動する予定のない日や夕食も同じ比率がベストです。唐揚げやハンバーグ、ラーメンなど脂質の多いものが無性に食べたいという日もありますよね。そのような脂質の多いメニューにする場合は、昼食までにするよう心がけると良いでしょう。

リストカール

Posted on Category:投稿

人目にも触れやすい部位である前腕。ここを鍛えるのに適した種目がリストカールです。血管の浮き上がる力強い腕を目指したいという方はぜひやってみてください。台に前腕を置き、手の平を上に向けるように両手でバーベルを持ちます。ダンベルでもOKですよ。前腕は大につけたまま、手首を回転軸にバーベルを持ち上げましょう。前腕が固定できていないと反動を使いやすくなってしまう為、負荷が減ってしまいます。手首だけが台から出るようにして前腕は固定しましょう。前腕の根元や内側に筋肉が見えます。盛り上がりを見て力が入っている事を確認しながら行うとより効果的でしょう。デスクワーカーにとっても、ここを鍛える事で腱鞘炎などの予防につながるでしょう。

頭をほぐすと脳も身体もほぐれる

Posted on Category:投稿

頭にもコリがあるそうです。スマホやPCの使いすぎだったり、ストレスや考え事などで頭部に疲労がたまるのだそうです。頭部に疲労が溜まると頭皮も硬くなったりするそうです。

ほぐせば頭のリフレッシュ、目の疲れやストレスの軽減などにつながるそうです。身体も休まり、肩こりも緩和できるそうです。頭のコリがひどい人は指で触ったときに頭皮がほとんど動かないそうです。

コリを溜めてしまうと血液やリンパの流れが悪くなって、頭痛、眼精疲労、めまい、全身の倦怠感といったことなどが、いろんな不調につながってしまうのだそうです。

おでこ、側頭部、後頭部には筋肉があるそうです。そこから上からは帽状腱膜という薄くて上手な組織でまるっと覆われてつながっているそうです。メンタルの状態にも影響しているそうです。

肩こりと時間湯

Posted on Category:投稿

群馬県の草津、草津町の草津温泉では、江戸時代から続く「時間湯」と呼ばれる特殊な入浴法があります。

独自の湯治文化として、古くから草津の地に根付いていたようです。

現在では、観光客や様々な持病に悩む人々が訪れ、その症状に合わせ、湯長と言われる温泉の管理などを行うスタッフなどから、入浴法を指導を受けたりするなど、一風変わった温泉施設ではありました。

この「時間湯」が、来年3月をもって廃止されるなどというニュースが注目されています。

時間湯の特殊な入浴方が医療行為にあたるなどといった問題を指摘され、様々な人々の意見のもと、廃止される流れとなっているようです。

江戸時代から続くとされる、日本古来の文化として、消えゆく「時間湯」を惜しむ声も多くあるようです。

訪れていた人たちは、重度のアトピー性皮膚炎、重いリウマチ、ひどい肩こり、腰痛などに悩む人たちも多く、様々なな痛みや身体の悩みを抱える人々の、いわゆる駆け込み寺的な存在として時間湯は多くの人々の希望の拠り所でもあったようです。「時間湯」の入浴方法に、現代における法に触れる部分があるというような引っ掛かりが、今後の継続を阻んだようですが、地元の人々を含め、グローバルな視点から、様々な意見が飛び交っているようです。

残念な早朝ダイエット

Posted on Category:投稿

早朝にダイエットのためにジョギングを始めたのですが、とある雑誌の健康特集によりますと、朝のジョギングは、本来ならば避けるべきであるようです。朝は、脳の働きが活発であるので、出来れば、勉強などに時間を当てた方が有利であるというようなことでありました。

早朝は交感神経の働きが活発になる時間帯でありますので、激しい運動などを行うと、自律神経の乱れが起きてしまうようです。自律神経の乱れは、めまいや、頭痛、肩こり、腰痛などの体調不良を起こす可能性がありますので、そのような自律神経の乱れを起こす、早朝のジョギングは、避けた方が良いようです。

どうしてもジョギングをするのであれば、仕事帰りの夕方以降に行った方が良いとのことでした。さらに、ダイエットの為に、早朝にジョギングなどで身体を動かしたいのであれば、軽いウォーキング程度の運動が望ましいとのことでありました。仕事帰りはどうしても飲みの誘いが多く、お付き合い等もあるので、飲み太りを解消したいと、ダイエットの為に早朝のジョギングを始めたのですが、本来は健康のためにはあまりお勧めではないそうです。残念。